AGAから脱却するために治療法を求める旅に出る男性

年齢を重ねる毎に自分の髪の毛が減っていくことに気になっている方は多いのではないでしょうか?もしかしてそれはAGAかも?AGAとは男性型脱毛症と呼ばれており、容姿に関わることから多くの人を苦しめています。

AGAチェックとプロスカーについて

日本では、男性の薄毛というと男性型脱毛症を指すことが多いです。
男性型脱毛症は、略してAGAとも呼ばれており、成人男性に多い脱毛症です。
頭頂部や生え際が少しずつ薄くなっていくのが特徴です。
進行性の脱毛症なので、何もせずに放っておくと症状が進んでしまいます。
男性型脱毛症の原因は、主に男性ホルモンと遺伝です。
DHTというホルモンが毛乳頭細胞の受容体と結びつき、成長期を短くしてしまうのです。
毛髪には、ヘアサイクルがあり、成長期、退行期、休止期を繰り返しています。
成長期には、毛母細胞が分裂して毛髪が作られます。
退行期は、毛髪を成長させる力が弱くなっていきます。
そして、休止期になると髪の成長が止まります。
男性ホルモンの影響を受けると、毛髪の寿命が短くなり、その結果薄毛になってしまうのです。
日頃から抜け毛のチェックを行い、1日200本以上髪の毛が抜けるようであれば、専門クリニックで調べてもらった方が安心です。
現在、男性型脱毛症を治療する薬が様々なメーカーから販売されています。
プロスカーも、男性型脱毛症の治療薬のひとつです。
プロスカーの主成分は、フィナステリドです。
フィナステリドは、脱毛症の原因となる酵素の働きを阻害して抜け毛を防ぎます。
プロスカーは、女性は使うことができません。
プロスカーを服用した場合、全身の倦怠感や食欲不振などの副作用が出ることがあります。
服用後に体に異常を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けた方がいいです。
男性型脱毛症の改善には、薬による治療も大事ですが、食生活や睡眠も大事です。
タンパク質やビタミン、ミネラルが不足しないように食事を取り、質の良い睡眠を心がけることも大切です。