AGAから脱却するために治療法を求める旅に出る男性

年齢を重ねる毎に自分の髪の毛が減っていくことに気になっている方は多いのではないでしょうか?もしかしてそれはAGAかも?AGAとは男性型脱毛症と呼ばれており、容姿に関わることから多くの人を苦しめています。

2017年01月の記事一覧

クリニックでAGA治療はM字症状の改善に良い効果

男性の中には20代以降になって、抜け毛や薄毛に悩まされている人も多いことでしょう。これらの症状には各々に然るべき原因が存在するものですが、とりわけ額の生え際部分がM字を描くように薄毛を進行させているのであれば、AGAという病気が疑わしいでしょう。

AGAとは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応してDHTという物質を作りだし、これが毛乳頭にて感知されると毛母細胞の細胞分裂が止まり、頭髪の成長サイクルが大きく乱れることとなります。こうして健康的だった頭髪は退行期、休止期に陥り、次第に抜け落ちて再び生えるまでの期間が長期化していくのです。

そして額のちょうどM字を織り成す部分は男性ホルモンの影響を極めて強く受けやすい部分と言われ、このAGAもまたDHTの分泌が増えることで額の生え際に切り込みが入るような薄毛状態をもたらすことになるのです。

しかしながらAGAはクリニックでの治療や処方された内服薬の服用、外用薬の使用を続けることで改善することが可能です。プロペシアに代表される内服薬は頭皮の酵素の働きを抑制する効果を持っていますので、男性ホルモンとの反応によってDHTを分泌する量も減少します。これによってM字部分の改善にも極めて良い効果が生まれるでしょう。

さらに外用薬としてはミノキシジルが知られています。これは頭皮に塗ることで毛細血管を拡張させ、血流量も増幅。それによって血液に乗せて栄養分の補充も過不足なく行われるようになり、M字部分の毛乳頭なども毛根組織にも頭髪の成長に欠かせない栄養分が行き渡ります。こうして頭髪の細胞分裂が活発化されることでM字部分にて失われた毛も再び取り戻すことができるのです。

続きを読む