AGAから脱却するために治療法を求める旅に出る男性

年齢を重ねる毎に自分の髪の毛が減っていくことに気になっている方は多いのではないでしょうか?もしかしてそれはAGAかも?AGAとは男性型脱毛症と呼ばれており、容姿に関わることから多くの人を苦しめています。

記事一覧

かっこいいリーゼントを保つAGA対策の努力

まだまだかっこよくリーゼントを決めたい、というような20代あるいは30代くらいの若い方でも、自分の家系を見てみて薄毛が気になっているという人もいるでしょう。若い間にだんだんと薄毛が進行してしまうのは遺伝がかかわっていて、男性型脱毛症、AGAであることが多いです。
少しでも薄毛が気にならないようにと、抜け毛の兆候が見られてきたらシャンプーを頭皮にやさしいものにしたり、洗うときにやさしくマッサージするようにする、など日々の努力をこころがけることでなんとかしようという人もいます。
もしも自分の薄毛が生活習慣からくるものであれば、そうした努力でも改善が見込めるかもしれませんがその原因が男性ホルモンによるAGAだった場合には、自分の日々の努力だけではどうにもならないこともあります。
そういった場合でも、もちろんあきらめる必要はありません。最近ではAGA専用のクリニックもどんどん増えていて、私たち一般人にとってもかなり身近な存在となってきています。
AGA治療では、よく男性ホルモンにフォーカスが当たることが多いですが、厳密に言うと男性ホルモンと結合して抜け毛の原因となってしまう酵素の活性を抑えるのが治療の効果につながります。そもそも、男性ホルモンだけだったら男らしさを増してくれるので害があるというわけではありません。ところが酵素が活発だとその男性ホルモンと結合しやすく、薄毛の原因物質のDHTという物質を発生させてしまうのです。
AGAに対処していくには、飲み薬と塗り薬があり、塗るタイプのミノキシジルは専門のクリニックはもちろん、市販の商品にも配合されているものがあるので、クリニックに行く前に試してみるのも良いでしょう。

続きを読む

AGA治療の評価と女性について

近年になって薄毛の対応には様々な進歩がありました。特に男性型脱毛性と呼ばれる抜け毛の促進を主症状とする薄毛の問題に対しては、飲み薬による対応が可能になったということが非常に大きな変化です。この治療はAGA治療と呼ばれ薄毛に悩む大勢の男性の問題の解決に役立ってきました。この男性型脱毛性と呼ばれる症状は決して男性特有の症状ではありません。女性の中にも男性型脱毛性が存在していることが知られていますが、AGA治療の対象となるのは男性に限定されています。
AGA治療で使用される飲み薬はプロペシアと呼ばれます。このプロペシアは抜け毛の原因となる男性ホルモンに作用することで効果を発揮する仕組みが知られています。男性の場合にはそれほど大きな問題に発展することはありませんが、女性にとってこのプロペシアは非常に危険な薬であると言うことが知られています。男性ホルモンのバランスを調整することになってしまうため、女性にとっては抜け毛を予防すると言う効果よりも様々なデメリットの方が大きいというのが現在の評価なのです。特に妊娠中の女性にとっては非常に危険な存在でもあり、触れる事についても避けるべきであると考えられています。
しかしながらこのような情報についてはAGA治療を行っている本人であればある程度の知識を持つこともありますが、あまり一般的に知られている知識ではありません。そのためプロペシアは病院で専門の医師の診察を受け、有効性を確認した上でしっかりとした知識を身に付けて使用しなければならないものとして扱われています。そのため近所のドラッグストアで気楽に買うことができる薬には分類されないのです。AGA治療とはこのような治療となっています。

続きを読む

クリニックでAGA治療はM字症状の改善に良い効果

男性の中には20代以降になって、抜け毛や薄毛に悩まされている人も多いことでしょう。これらの症状には各々に然るべき原因が存在するものですが、とりわけ額の生え際部分がM字を描くように薄毛を進行させているのであれば、AGAという病気が疑わしいでしょう。

AGAとは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応してDHTという物質を作りだし、これが毛乳頭にて感知されると毛母細胞の細胞分裂が止まり、頭髪の成長サイクルが大きく乱れることとなります。こうして健康的だった頭髪は退行期、休止期に陥り、次第に抜け落ちて再び生えるまでの期間が長期化していくのです。

そして額のちょうどM字を織り成す部分は男性ホルモンの影響を極めて強く受けやすい部分と言われ、このAGAもまたDHTの分泌が増えることで額の生え際に切り込みが入るような薄毛状態をもたらすことになるのです。

しかしながらAGAはクリニックでの治療や処方された内服薬の服用、外用薬の使用を続けることで改善することが可能です。プロペシアに代表される内服薬は頭皮の酵素の働きを抑制する効果を持っていますので、男性ホルモンとの反応によってDHTを分泌する量も減少します。これによってM字部分の改善にも極めて良い効果が生まれるでしょう。

さらに外用薬としてはミノキシジルが知られています。これは頭皮に塗ることで毛細血管を拡張させ、血流量も増幅。それによって血液に乗せて栄養分の補充も過不足なく行われるようになり、M字部分の毛乳頭なども毛根組織にも頭髪の成長に欠かせない栄養分が行き渡ります。こうして頭髪の細胞分裂が活発化されることでM字部分にて失われた毛も再び取り戻すことができるのです。

続きを読む

女装にすることによる毛髪とAGAの関係

最近の男性においては非常に多種多様の趣味を持つようになってきているため、より多くの人が様々な楽しみを見つけるようになってきました。特に、現在の社会においてはより多くの人達がどんどんと社会に進出していく中で世の中では様々な趣味に合わせたグッズも販売されるようになってきているため、多くの人が利用しています。現在の日本人男性においては非常に女性にあこがれる人が増えてきており、特に女性の美しさを目指す男性も増えてきています。そのようなことから男性が女装することも珍しくなくなってきており、特に薄毛の男性に対しては、女性の毛髪にあこがれる人が多くいます。このような状況の中で、最近の男性は薄毛として悩んでいる人が非常に多くなってきているため、より多くの人たちがどのようにして治療していけばよいのかを模索しています。薄毛に関しては最近になってAGAという病気として認定されるようになってきたため、病院や大学などの研究機関に対しても非常に多くの研究者や人材がAGAの治療に対して研究を進めるようになってきました。このような背景から薄毛の進行を防ぐ方法がどんどんと開発されてきており、早めに病院に相談に行くことで薄毛のケアを実施してくれる病院も数多く存在しています。さらにはガイドラインも制定されており、様々な症例の人が病院に訪れ処方してもらっているため、データベースより多く蓄積されているのも特徴で、早めの診断を希望することでより素早く効果的な治療を受けることができるようになります。現在の日本においてはこのような対応をしっかりと実施してくれるため、女装をしたい男性がしっかりと自信を持った毛髪をしてできるようになりやすくなっています。

続きを読む

AGAチェックとプロスカーについて

日本では、男性の薄毛というと男性型脱毛症を指すことが多いです。
男性型脱毛症は、略してAGAとも呼ばれており、成人男性に多い脱毛症です。
頭頂部や生え際が少しずつ薄くなっていくのが特徴です。
進行性の脱毛症なので、何もせずに放っておくと症状が進んでしまいます。
男性型脱毛症の原因は、主に男性ホルモンと遺伝です。
DHTというホルモンが毛乳頭細胞の受容体と結びつき、成長期を短くしてしまうのです。
毛髪には、ヘアサイクルがあり、成長期、退行期、休止期を繰り返しています。
成長期には、毛母細胞が分裂して毛髪が作られます。
退行期は、毛髪を成長させる力が弱くなっていきます。
そして、休止期になると髪の成長が止まります。
男性ホルモンの影響を受けると、毛髪の寿命が短くなり、その結果薄毛になってしまうのです。
日頃から抜け毛のチェックを行い、1日200本以上髪の毛が抜けるようであれば、専門クリニックで調べてもらった方が安心です。
現在、男性型脱毛症を治療する薬が様々なメーカーから販売されています。
プロスカーも、男性型脱毛症の治療薬のひとつです。
プロスカーの主成分は、フィナステリドです。
フィナステリドは、脱毛症の原因となる酵素の働きを阻害して抜け毛を防ぎます。
プロスカーは、女性は使うことができません。
プロスカーを服用した場合、全身の倦怠感や食欲不振などの副作用が出ることがあります。
服用後に体に異常を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けた方がいいです。
男性型脱毛症の改善には、薬による治療も大事ですが、食生活や睡眠も大事です。
タンパク質やビタミン、ミネラルが不足しないように食事を取り、質の良い睡眠を心がけることも大切です。

続きを読む

AGAは根気よく治療を続けましょう

髪の毛の成長が止まってしまい、抜け毛が促進していくAGAは、悪性の男性ホルモンが主な原因となっています。男性ホルモンのDHTと呼ばれるものが毛根の中、毛母細胞に存在してヘアサイクルを狂わせることで毛髪の成長を阻害します。毛髪のヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の順に繰り返し、およそ6~7年かけて1周するようになっています。この中で成長期は5年前後必要で、毛髪の成長が止まる退行期は2~3週間、休止期では新たな髪の毛を生まれ変わらせるために3~4ヶ月の期間を使います。正常な毛髪であればこれらの期間で髪の毛が生えるのですが、DHTが悪影響を及ぼすと、成長期が2年程度に短くなったり、退行期の期間が異常に長くなることで新しい髪の毛が生えてこなくなるなどの状態となります。AGA治療ではDHTの生成を抑えることでヘアサイクルを正常にしますが、元に戻ったからといってすぐに髪の毛が生えて来るわけではありません。個人差もありますが、髪の毛が成長するスピードは1日で0.3~0.4mmほどとされ、平均として3日で1mm、1ヶ月で1cmほどになります。AGAで頭髪がすっかりと失われていた人なら、すぐに髪の毛を取り戻したいと考えるかもしれませんが、成長して頭皮が見えなくなるまで髪の毛を伸ばすにはかなりの期間が必要です。もしも、AGA治療でヘアサイクルが正常化したとしても、産毛が生えてくるまでに1ヶ月以上、それなりに髪の毛が生えそろうまでに6ヶ月、黒々とした太いコシのある毛髪が生え揃うまでは1~2年は必要です。大抵の人は半年ほどで満足いくことが多いですが、人によっては1年経っても満足できず、治療を継続している人もいるので、根気よく治療を続けることが重要になります。

続きを読む

AGAになりがちな人の特徴とは?

最近では薄毛に悩む男性が非常に増えてきており、特に日本人男性においては4人に一人は悩んでいるという統計データもあります。このように薄毛が進行している人をAGAという病気として扱われるようになってきました。病気として扱われるようになってきているため、医療機関においても治療に関してのガイドラインが出ているためより多くの人が治療を目的として通うようになってきました。このような状況においては各種の研究機関もAGAに関して研究するようになってきており、大規模な研究が進んできています。特に、最近ではAGAになりがちな人の特徴が分かってきており、これまで日本人は和食を中心に食べてきたため魚や野菜などが多く健康的なヘルシーなメニューだったのですが、どんどんと食生活が欧米化し始めてきており、食生活においてはお肉や塩分の多いものがより多く摂取されるようになってきました。お肉においては脂がたくさん入っているため、脂が頭皮に浸透しやすくなります。こうなると、どんどんと脂が頭皮に入ってきており毛穴にもつまり始めますので、詰まった毛穴からは髪の毛が生えてこなくなる現象があります。さらには塩分を取りすぎると高血圧になりさらにはより脂の多いものをとりたくなると考えるため、より一層油を欲しがるようになってしまいます。このような状況においては薄毛が進行していきAGAになる人も増えてくると考えられます。さらには、現在の日本人においては仕事や勉強など非常に忙しくしており、睡眠不足になりがちな人も多くなってきます。睡眠時間が少ないとどんどんと疲労が蓄積されていき、身体の代謝が悪くなっていくため、髪の毛に関してもどんどんと生えにくくなる傾向にあります。

続きを読む