AGAから脱却するために治療法を求める旅に出る男性

年齢を重ねる毎に自分の髪の毛が減っていくことに気になっている方は多いのではないでしょうか?もしかしてそれはAGAかも?AGAとは男性型脱毛症と呼ばれており、容姿に関わることから多くの人を苦しめています。

オススメのAGA治療薬の特徴と詰め替え時の注意

AGAの治療薬と言うのはフィナステリドと呼ばれている成分が含まれているプロペシアが有名ですが、プロペシアには0.2mgと1mgの2種類が在り、これらの違いはフィナステリドの成分量になります。
病院で処方を受ける場合には、1mgが一般的です。

AGAの治療は保険適応外となるため、医薬品の支払いについても全額自己負担と言う事になるため、ジェネリック医薬品を利用される人も少なく在りません。

尚、プロペシアのジェネリック医薬品はプロペシア自体の特許が切れていないため、特許制度が無いと言われているインドの製薬会社の医薬品が主体となり、個人輸入代行店での販売が行われています。

色々なメーカーがAGAの特効薬でもあるフィナステリドを主成分とした医薬品の製造販売を行っており、フィンペシアやエフペシアなどはフィナステリドが1mgになっているもので、プロペシアと同じくAGAの特効薬として使用することが出来るようになっています。

また、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬であり、治療を行う時にはフィナステリドが5mg必要と言われているため、前立腺肥大症の治療でも利用する事が出来るフィンカーやプロスカーと呼ばれている医薬品はフィナステリドの成分が5mgになっているため、AGAの治療として使用する場合には5等分に分割をすれば5日分の薬として利用する事が出来るなどオススメです。

尚、錠剤を5等分する場合にはピルカッターを利用するのがオススメですが、詰め替えをする時は必ず男性が行う事、ピルカッターで錠剤を割る時も男性が行う事が重要です。

これは女性が錠剤に触れる事で副作用を招く危険性が在る事、特に妊娠している女性や妊娠の可能性が在る女性が触れてしまうとお腹の中にいる胎児への悪影響を及ぼすことが在ると言われているからなのです。